1. ホーム
  2. 精子と妊活について
  3. ≫育毛剤に含まれるフィナステリドが男性不妊の原因になる理由とは?

育毛剤に含まれるフィナステリドが男性不妊の原因になる理由とは?

男性型脱毛症を改善する手段として育毛剤であるフィナステリドは広く利用されていますが、多くの副作用の危険もあります。

代表的なものとして、性欲減退、男性機能障害、抑うつ症状など男性ホルモンに影響があり、男性の精子の減少など男性の不妊にも関係していると考えられています。

副作用の出る確率には諸説ありますが、1%から数%とされており、必ずしもあらわれるとは限りませんが、けっして無視することはできません。

また、男の子を妊娠している女性が体内にこの成分が入った場合、口から入った場合でも皮膚に付着して吸収された場合でも男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあるとされています。

錠剤であれば、コーティングされていますが、欠けたり、割れたりした場合には危険です。気づかないうちに副作用があらわれては怖いため、妊娠中も服用は控えるようにしたほうが良いとされています。

フィナステリドは、男性型脱毛症に処方されるミノキシジルとは異なり薄毛のメカニズムに直接働きかけます。

薄毛の原因となるテストステロンがDHTに変換されることを阻害することができます。男性ホルモンに直接関わる成分のため、性機能への影響が考えられます。

男性の性欲や性衝動にはテストステロンが大きく関係しています。勃起させるためには、大脳へと性衝動を促す刺激物質が必要となりますが、この役割を担っている成分がテストステロンです。

不妊治療をおこなっているのに長年子供が授からない夫婦がフィナステリドの服用をやめた途端に、精子の濃度が正常に戻ったという例もあります。

現在、不妊治療をしている場合やこれから子供を作ることを考えられている人は安易に飲まないようにしたほうが良いとされています。しかし、服用をやめてしまうと元の状態に戻ってしまいます。

そのため、髪の毛を増やしたい男性は、副作用の心配のない育毛剤を併用しつつ、徐々にフェイドアウトしていく、もしくはフィナステリドの作用を代用できるサプリを摂取するなどすることになります。

フィナステリドの作用は、強力男性ホルモンDHTを減らすことです。

男性型脱毛症の主要な原因は、テストステロンが5-αリダクターゼという酵素によりDHTに変換させてしまうことで、抜け毛が促進させます。この5-αリダクターゼを抑制する働きはノコギリヤシが有効とされています。

その場合は、1日320mg程度のノコギリヤシエキスが摂取できるサプリを選ぶようにするとよいでしょう。